オーディオとバイク日記

バイク(GSR750、JA07丸目カブ乗り)やハイレゾなどのポータブルオーディオなど多趣味な人の記録。

FiiO X3 Mark III 視聴してきました。

FiiO X3 Mark IIIが値段が安く、機能としても良さげだったのでヨドバシカメラに視聴しに行ってきました。

 

ガソリン高いのでスーパーカブ110で。途中給油しましたけどレギュラー満タンで450円。燃費は52km/Lでした。田舎のバイパスを通るので車の流れに乗るために60キロ以上出さなければならず、割とエンジン回して乗っている中でこの燃費はなかなか良いのでは?と思いました。

 

 

さて、FiiO X3 Mark IIIを視聴した感想です。

 

◯ 特徴

FiiO X3 Mark IIIの特徴は何と言っても3万円を切る値段という安さで2.5mm4極のバランス端子がついていることだと思います。内臓メモリはありませんが、microSDカードで楽曲を管理します。256GBまで対応しているので自分にあった容量のカードを使えますし、複数のカードで多くの曲を管理しても良いかもしれません。

多数のファイル形式の再生ができ、PCMは92kHz / 24bitまで。DSDは2.8MHzまで再生できます。

今回はDSD2.8MHz以上のファイルを持って行ってしまったため、DSDの視聴はできませんでした。

 

◯音について

ウォームな音です。恐らく、AKシリーズのようなスッキリした音とは反対のような音なのではないでしょうか?イコライザ機能もついていますが、COWONのイコライザのような大幅な音の変化はなかったです。好き嫌い別れる音だと思うので視聴できる環境があれば視聴することをオススメします。個人的にはウォームな音は嫌いではないですし、むしろウォームな音で聴きたい曲が多いので視聴しにいきました。3万円以下という値段を考えるとかなりコスパ良いと思います。

 

◯操作性など

30分ほど色々いじって操作をしてみましたが、不具合のようなものは見られず、快適に操作できました。昔のiPod nanoのようなクイックホイールがついています。QP1Rのような指でグルグル回るクイックホイールを回すのではなく、スマホのようなタッチで反応するクイックホイールでした。(言葉足らずでうまくかけませんが…)

2.5mm4極のバランス接続でしか視聴していませんし、イヤホンで聞いているにしても家電量販店の騒音があるので厳密にはわかりませんでしたが、ホワイトノイズは聞こえなかったのであったとしても少ない方だと思います。

電池の持ちも10時間ほど持ちそうで、省電力モードも良さそうだったので普段持ち歩くプレイヤーとしては最適だなと思いました。

 

今回、視聴に行ったのはPLENUE Sを手放すことになりそうだったからです。金欠というのが理由の1つです。できれば手放したくないですけど仕方がありません。

FiiO X3 Mark IIIのような安くてそこそこの音質のプレイヤーに買い換えようと思って今回視聴しにいきました。FiiO X3 Mark IIIは安くて新しい。今買い換えるには最適なプレイヤーだと思います。

が、買い替え先はもう決まっていて、FiiO X3 Mark IIIではありません。

 

実はすでにDAPを注文をしていて、あとはPLENUE Sを郵送して買取査定の後に送られてくるのを待つだけです。

 

選ばれたのはやっぱりCOWONのプレイヤーでした。新しいプレイヤーについては届いてから書きたいと思います。