オーディオとバイク日記

バイク(GSR750、JA07丸目カブ乗り)やハイレゾなどのポータブルオーディオなど多趣味な人の記録。

GB250 クラブマンについて レビュー、インプレ

スーパーカブ110とGSR750を所有しているのですが、GB250クラブマンについて少し書きたいなと。

 

 

GSR750に乗る前まではGB250クラブマンに乗っていました。
バイクを買った当初、友人2人は675cc、250ccだったので自分も250ccで大丈夫だろうと思い、goobikeを眺めていると、やっぱりクラシックなバイクに乗りたいなと思っていました。

で、少し値段は高めでしたが、GB250が近くのバイク屋にでていたので見に行き、一目惚れ。
熊本まで遠出して何軒か見に行きましたが、自宅から近いバイク屋の方がメンテナンスなどもしやすいし、持ち込みやすいだろうとのことでGB250クラブマンを購入しました。

GB250クラブマンはもう中古でも少なくなってきていて、その中でも状態の良いものは本当に少なく、貴重なバイクだと思います。購入したクラブマンは5型で最も新しい型で、ワンオーナーということもあってかなり状態も良かったです。

軽いGB250クラブマン(5型)のインプレを。

 

○マフラー

中古で購入した際にノーマルマフラーとスーパートラップマフラーの両方をつけていただきました。最初はノーマルマフラーをつけていましたが、カブのような音がします。SR400と違ってメカメカしいヒュンヒュンしたCB系の音が大きめです。

 

スーパートラップマフラーをつけると皿の枚数にもよりますが「パッパッパッ」といった音になりますね。エンジン回すと結構大きい音になります。個人的にはすごく好きな単気筒らしい音がして気に入っていました。

皿の数を増やすと音が大きくなりますが、抜けが良くなったような気がします。ノーマルマフラーは何か色々と詰め込まれた感じがしました。

機会があればペイトンプレイスのマフラーも試してみたいところでした。動画で見る限りすごく良い音だと思っています。

 

友人はノーマルマフラーの方が良いと言っていました。スーパートラップマフラーは人によっては「バババババ!!」という下品な音に聞こえるので万人ウケはしないかもしれませんね。

 

○良い点


・車体が軽く、取り回ししやすい
今、750ccの大型バイクに乗っているから思うことなのですが、250cc単気筒で車体が軽く取り回しが楽でした。

 

・比較的燃費が良い(?)
Fi化している最近のバイクと違ってキャブ車なので最近の250cc単気筒バイクと比べると多少劣るかもしれませんがそれなりに燃費が良かったです。ツーリング行ったときで30km/L越えくらい。普段だと28km/Lくらいだったと思います。

・強いエンジン、走り
クラシカルな見た目だから走りは微妙と思いきや、かなり単気筒のバイクの中では速い方なのではないかと思います。
よくGB250について検索してたらSR400より速いと書かれていますが多分速いんじゃないかなと思います。
まず、エンジンが丈夫で高回転までよく回ります。回して乗るとすごく楽しい。むしろ、今は手元にないのでまた乗りたいなと思わせるのは走り。
高速道路でも100キロ巡行は大丈夫ですが、それ以上は厳しいかもしれません。

 

○不満な点


・風が気になる
車体が軽いネイキッドなので風の影響を受けやすいと思います。強風だとたまに持っていかれることがありましたが、ニーグリップをしっかりしていればそんなことはないと思います。むしろ、ニーグリップできていない自分にはいい練習になるんじゃないかなと。

 

・年式
GB250クラブマンは軽くしか調べてないのでわかりませんができれば5型を購入した方が良いです。自分でメンテナンスできるのであればいいですが、自信のない方は4型、5型が無難かなと。20年くらい前のバイクなのでどこかダメになってくる部分もあります。中古の数も減ってきていて手に入りにくくなっているので難しいところですね。

 

 

今は友人二人が675cc、1000ccのバイクに乗り換えてしまい、ついていけなくなったのでGSR750に乗っています。
GB250クラブマンは友人に譲り、大切に乗ってくれています。
貴重なバイクで、見た目もカッコよく、走りも良い。本当に最高のバイクだと思いますのでおすすめしたいところです。